横浜ホームスタッフ

Home > 住居・家屋> 横浜ホームスタッフ

横浜ホームスタッフ


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜のリフォーム会社なら横浜ホームスタッフへ。間取り変更や屋根の張替えもお任せください!「毎日の生活がぐっと快適にかわるリフォーム」を安心価格でご提供しています。キッチン、浴室(お風呂)、トイレ、洗面所など水廻りのリフォームから、増改築、リノベーションまで対応。無料相談受付中!

新築一戸建ての住宅を横浜で購入して生活を続けていけば、雨や風の影響もありますし、普通にその空間で生活していれば、いろいろなところが老朽化していくのが普通です。いくら家を綺麗に使っていたとしてもこれは仕方のないことです。しかし、10年、20年と時間が経過していけば、その家庭環境も変わっていきますし、当然年をとっていきます。ですから、ある程度新築一戸建て住宅を購入してから時間が経過した段階で、積極的にリフォームを行うのが良いでしょう。横浜の一戸建て住宅でリフォームをする場合、どんな点に注意してリフォームを行っていくのが良いかというと、まず重要なのが横浜界隈にあるどこの業者に仕事をお願いするかです。自分でリフォームをすることはできませんので、専門業者に依頼しなくてはなりません。自分がどんな形で家を変えていきたいのかを正確に伝え、正確に伝えた内容をそっくりそのまま形にしてもらえるところに依頼する必要があります。レベルの高い専門の業者ならば、忠実に依頼した内容に仕上げてもらうことができるでしょう。しかも、依頼主からの提案に対してアドバイスもできます。こんな魅力的な業者に仕事をお願いすれば後悔することはありません。実際にある程度新築一戸建て住宅を購入してから時間が経過した家は、どんなリフォームが良いでしょう。まずは、老後のことを考えてバリアフリーにしておくとよいです。さらには階段部分に手すりがついていない場合は手すりをつけておきます。トイレの中にも手すりがあったほうが老後は便利です。それ以外にも壁紙の張替えだったり、子供部屋がもともとあったけれども、子供が巣立って部屋を使わない状態であれば、二つあった部屋を一つにしてもらうこともできます。探してみると、いろいろなリフォーム依頼内容が出てきてしまうので、ここはしっかりと内容を確認して依頼します。一か所や二か所の依頼よりも、まとめてお願いしたほうが安いです。

注目キーワード

悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
PAGE TOP ↑