陣内ウィメンズクリニック

Home > エステサロン> 陣内ウィメンズクリニック

不妊治療・体外受精のご相談は自由が丘【陣内ウィメンズクリニック】当婦人科で妊活をフルサポート |


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京都自由が丘の不妊治療専門「陣内ウィメンズクリニック」では、体外受精・顕微授精を中心とした妊娠希望専門クリニックです。赤ちゃんを望まれるご夫婦の想いを一日でも早く叶えられるように、薬を使い過ぎない、体に負担を掛けない優しい高度生殖医療を提供してまいります。

夫婦に子供ができて生まれてくれば、その子はその夫婦の子として生きていきます。ごく自然のことですが、もしそれが人為的に行われるとすると問題が起きてくるかもしれません。親子関係ができればそれなりに法的な権利などが子供に与えられます。生まれてきたときに、その親の子なのかどうなのかで一生が大きく変わるかもしれません。通常夫婦に子供ができる時には自然な夫婦生活、つまりは性交によってとなります。特に病気がない健康な男女が避妊をせずに性交をしていれば、妊娠をするのが普通とされています。しかしいくら性交をしても妊娠しない状態が続くことがあります。もし、行って一定期間妊娠ができない状態が続いたときには、不妊症との診断が下されます。妊娠できない不夫婦が不妊治療を行うには、いきなり行うことはできず不妊症であると診断される必要があります。不妊症の認定に関しては、年齢が大きく影響します。一般的には1年から3年間妊娠ができないときに不妊症と診断され、不妊治療が受けられるようになりますが、高齢の夫婦と若い夫婦が同じ基準では問題があります。高齢の夫婦の場合は比較的短い期間でも妊娠できない状態が続けば不妊症と診断されることがあり、若い夫婦になると、1年や2年妊娠できなくても不妊症と診断されないこともあります。不妊症と診断されれば不妊治療が受けられますが、単に妊娠ができない事実のみで診断するわけではありません。女性側、男性側に一定の症状が見られる時には、それを元に不妊症と診断されて治療が受けられる可能性があります。不妊症は通常よりも妊娠しにくい状態ですから、いかに早く対策を取るかが大事になります。女性が安全に妊娠をして出産が正常にできる年齢は40歳前半までとされていて、それ以降になればリスクがどんどん高まります。若い人でも産婦人科やその他の病院で一定の検査を受けることで不妊症と診断されるときがあります。早めの対策を心がけるようにしましょう。

注目キーワード

総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
動物病院
獣医療法第2条第2項に定める、獣医師が飼育動物の診療の業務を行う施設の通称。 アニマルメディカルセンターなどとも呼ばれる。獣医師の他動物看護師、助手などで成り立つ。 近年のペットブームの影響を受けて世界...
【関連情報:不妊治療
PAGE TOP ↑