ONELIFE

Home > 仕事> ONELIFE

結婚式カメラマン・前撮り・フォトウェディングならONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

一生に一度のウエディング、忘れられない最高のものにしたいものです。結婚する二人にとっても、式に出席する親族や友人にとっても、本当に素敵なウエディングにするためには周到な準備が不可欠です。では、誰にとっても思い出に残る良いウエディングにするためにどんなことができるでしょうか。 できるだけ手作りのウエディングにするなら、他にはないオリジナルのウエディングにすることができます。中には、花嫁さんが着るウエディングドレスを、色々な人が着たことのあるレンタルドレスではなくオーダーメイドのものにすることで、他の誰も着たことがない自分だけのドレスにすることを好む女性が増えています。私も母親が作ってくれたドレスを着て式を挙げましたが、自分にぴったり合っていることに加えて、母親の愛情もプラスされ、最高のウエディングになったと感じています。 実際、自分たちだけの特別なウエディングを作る上で、ドレスそのものに加えて他にも色々なアイテムを手作りのものにすることができます。その一つがブライダルアクセサリーです。例えば、花嫁さんが身に着けるベールやイヤリング、ネックレスなどを手作りにするのも粋なものです。花婿さんの蝶ネクタイを手作りのものにする人もいます。何と言っても、手作りのものにはそれらを作ってくれた人の思いが溢れるほど込められているため、特別なものになるのです。 また、会場に飾るウエルカムボードを自分たちで作るのも素敵なものです。ある友人のウエディングでは、花嫁さんが自ら作ったウエルカムボードが飾られており、出席者皆を温かい気持ちにさせてくれたのを思い出します。手作りのものなら、型にはまらず自由に演出することができるという利点があります。二人の幼い頃から今に至るまでの何枚かの写真を上手にチョイスして飾るのも素敵でしょう。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
PAGE TOP ↑