Studio FELIX

Home > 仕事> Studio FELIX

東京でキッチンスタジオならスタジオ フェリックスへ


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でキッチンスタジオのレンタルを行うスタジオ フェリックスは、写真家と料理家がプロデュースしたスタジオで、撮影環境が整っていると好評ですので、東京でキッチンスタジオを利用したいという方は、ぜひスタジオ フェリックスにお問い合わせください。

多人数で料理教室を開いたり、新作の料理メニューの開発や試食会、また料理自体の撮影などを行うには大規模なキッチン設備とその空間が必要になります。キッチン設備では水道など流し台やコンロ、冷蔵庫やレンジやオーブン、鍋やフライパンなどの大量の調理器具などが1種類だけでなく、それを何組も用意しなければなりません。これらの設備を自前で用意することは多額のお金がかかるうえ、その維持費もばかになりません。また撮影をする場合には空間を含めて見栄えをよくするための内装の問題が関わってきます。そこで自前で用意しない代わりにそれを借りるという選択肢が今の日本では可能となっています。それがキッチンスタジオで貸会議室のキッチン版的存在です。このキッチンスタジオでは業務用の調理設備を多数備えていていますが、単に料理をするためだけの場所ではありません。キッチンスタジオはスタジオという単語が象徴するように、室内に料理の作業を撮影するカメラが調理台の上のほうなどに設置されていたりするし、モニター画面も兼ね備えています。これにより厨房機器から少々離れた場所にいる人でもモニター画面を注視することで作業の一部始終を詳細に確認することが可能となっています。そのキッチンスタジオは主に都市部に存在していますが、ガス会社のショールームや大規模ショッピング施設内などスタジオのある場所は様々となります。いずれにしても利用するには営業時間内の範囲で事前に申請書を出して借りるための手続きが要求されます。利用料金は1時間単位で計算されますが、その金額は施設の広さや厨房設備などの数や地域ごとに異なります。高いところでは1時間あたり3000円程度するところもあれば、安いところでは1時間あたり1000円満たない場合もあります。なお時間内に撤収できなければ延長料金が請求される場合があります。また利用料金は非営利目的で使用する場合とイベントなど営利目的で使用する場合とでは同じ利用時間でも異なるところもあります。その場合は一般的に営利目的では高めに請求されます。

注目キーワード

証拠写真
証拠として扱われる写真。
記念写真
文字通り、何らかの事象を記念して撮影する写真。 人間を被写体とすることが多く、何か特別な時とところにおいて生み出されることが多い。すなわち、入学式、卒業式、結婚式、成人式などの式典の際、生誕周年や七五......
PAGE TOP ↑