ドリームネット

Home > 住居・家屋> ドリームネット

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋さんならドリームネットへ。住宅ローンでは、希望金額を借りるためには、住宅ローン審査に通らなければなりません。ドリームネットは成功率98%の実績。そして完全成功報酬制で相談・出張は何回でも無料です。

銀行に住宅ローンの事前審査をして承認されなかった場合、銀行は理由を教えてくれません。審査に承認されなかった理由はいくつかありますが、主な理由は下記になります。1つ目は、指定信用情報機関に「異動」と記載がある場合です。この場合は、公務員でも一部上場企業勤務でも承認されません。「異動」は、支払い延滞が61日以上あると個人信用情報に書き込まれます。2つ目は、過去に借り入れがあって、返済に遅れたことが何度かある場合です。一般的にメガバンクは消費者金融からの借り入れがあるだけで住宅ローンの事前審査に落ちます。地方銀行では問題にしない場合がありますが、キャッシング枠の金額を返済負担率に計算する場合があります。3つ目は、返済負担率いっぱいの借り入れ申し込みをする場合です。この場合審査が厳しくなります。銀行は、ある年収に対してある金額までは貸してもよいという数値を決めています。この割合を返済負担率と言います。年収から計算できる借り入れ可能額は、あくまでも目安です。4つ目は、車のローンやリボ払いなど、既に他にも借り入れがある場合です。ただし、クレジットカードのショッピング1回払いは、銀行は返済負担率に入れません。他には、銀行の融資条件を満たしていない場合です。例えば、勤続年数が1年未満の場合です。雇用形態が契約社員、派遣社員、パート、アルバイトの場合も難しいです。これは、雇用の不安が収入の不安定に繋がり、返済できないリスクが高いと考えるからです。他には、源泉徴収票に歩合給の記載があると、たまたま昨年の歩合給が良くて、最高年収のタイミングだったと思われるため、事前審査に落ちてしまう場合があります。また、銀行の定める最低年収を満たしていない場合もあります。最低年収は銀行によって異なりますが、一般的には、メガバンクよりも地方銀行の方が最低年収の基準が高く設定されています。住宅ローンの事前審査をする前に、これらを確認してはいかがでしょうか。

注目キーワード

住宅ローン借り換え
金利変動に伴い、返済負担を軽減するために、有利な返済条件に借り換えること。 一般的な目安として、 ■金利差1%以上 ■返済期間10年以上 ■返済残高500万円以上 の場合、条件を見直す価値があるとされている。 ...
住宅ローンアドバイザー
最適な住宅ローンを顧客の立場から提案するためのアドバイザーを養成すべく設立された財団法人住宅金融普及協会が認定する民間資格。
【関連情報:住宅ローン 審査 通し屋
PAGE TOP ↑