ロックセキュア

Home > 暮らし> ロックセキュア

ロックセキュア 鍵の取り替え 鍵交換ならロックセキュア。


鍵の関連情報

鍵(かぎ、キー、Key)は錠前(ロック、鍵穴、Lock)を解錠する(操作する)ための器具である。鍵と錠前は扉や物品などに取り付けて、鍵を開けられる人間以外の使用を制限するための道具。人身や財産の保護、保安などの目的で用いる。典型的な鍵(右図)は、錠前の鍵穴に差し込まれる個々に形状の異なるブレード部分と、鍵穴には入らず手でつまんでブレードを回転させるのに使う頭部から成る。ブレード部は一般に一つまたは少数の特定の錠前にしか合わない。 日常会話では、鍵と錠前をまとめて「かぎ」と呼ぶ場合が多い(例 : 「かぎを掛ける」)が、本頁では主に鍵自体について記述する。 鍵は、建物や自動車といった財産について、完全ではないが(ピッキング行為参照)安価なアクセス制御手段を提供する。そのため、鍵は現代の先進地域ではありふれたものであり、世界的にもよく使われている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ロックセキュアは、鍵の取替・交換・修理を行っております。玄関はもちろん、トイレや個室、シャッターなど、住宅のあらゆる鍵にも対応しております。また、予算に応じた工事もお任せ下さい。豊富な鍵の種類や、私たちの技術力で最善のご提案をいたします。

大抵の人は鍵の取り付け工事が必要となる事は、滅多にありません。鍵を購入して自力で取り付けるという方法もありますが、家の中なら兎も角外に接している場所の鍵は防犯上の理由もあり、絶対に間違いのない形で取り付け工事が必要です。安全性を配慮すれば自力ではなく、専門業者に取り付けて貰う事をおすすめします。もっとも鍵の取り付け工事なんて、どの業者に依頼しても変わらないと甘く考える人も少なくありません。ですが実際には選ぶ業者により、必要な費用に大きな差があったりするので注意が必要です。特に取りまとめを行う業者が、下請け業者に仕事を割り振って工事を行う様な所だと工事費以外の余計な費用が掛かるのでおすすめ出来ません。ですがロックセキュアであれば、同社のスタッフが下請け業者を入れずに全て行うので余計な費用が加算される事はないです。安い費用で鍵の取り付け工事を行う事が可能なのでおすすめ出来ます。更に鍵を取り付けると言っても、様々なメーカーが色々な製品を発売しており、選ぶ製品により安全性や使い勝手の良し悪しに差が出るケースは珍しくありません。確かにメーカーのサイトでも見れば、その製品の特徴をある程度掴む事は可能です。ですがメーカーのサイトだと、都合の良い事ばかり書かれているのでいざ取り付けて使用してみると使い勝手が悪いと感じられる製品もあります。ロックセキュアに取り付け工事を依頼すれば、製品選びの失敗も避ける事が期待可能です。というのもロックセキュアでは、様々なメーカーの様々な製品を車に積んで工事に訪れています。お陰で気になる製品があれば、直に目で見て触りスタッフの説明を聞きながらその製品にすべきかどうかを判断可能です。万が一、当初考えていた製品が期待外れに感じた場合でも、車に積んである豊富な製品の中から好みや希望に合う鍵を見付け出す事が出来ます。色々な製品と直に比較しながら良い鍵を選んで取り付けて貰えるので、ロックセキュアに工事を依頼すれば納得出来る鍵の取り付けが可能です。

注目キーワード

鍵屋
鍵の専門家。類語:鍵師 家・車・金庫などの財産の施錠に係るロック・サービスを生業とする職業。  ロック・サービスには、紛失した鍵の合い鍵を作ったり、鍵の修理や、鍵の交換などを出張して行うほか、セキュリ......
鍵のかかった部屋
貴志祐介の小説。2012年4月フジテレビ系列でドラマ化、主演は「嵐」の大野智。 [http://www.fujitv.co.jp/kagi/:title:bookmark] *収録作品 -佇む男 -鍵のかかった部屋 -歪んだ箱 -密室劇場 [asin:4048742248:de
【関連情報:ロックセキュア
PAGE TOP ↑