三和産工株式会社

Home > サービス事業> 三和産工株式会社

蓄光式避難誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー


防災の関連情報

防災(ぼうさい)とは、災害を未然に防ぐために行われる取り組み。災害を未然に防ぐ被害抑止のみを指す場合もあれば、被害の拡大を防ぐ被害軽減や、被災からの復旧まで含める場合もある。災害の概念は広いので、自然災害のみならず、人為的災害への対応も含めることがある。 類義語として、防災が被害抑止のみを指す場合に区別される減災、防災よりやや広い概念である危機管理、災害からの回復を指す復興などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

蓄光ステップ、蓄光式避難誘導標識システム(津波・災害種別)の構築を地域防災計画策定の際の緊急防災・減災事業債を活用してご提案いたします。蓄光式誘導標識のトータル・ソリューション・プロバイダー三和産工株式会社。

夜の暗闇の中で光る塗料として、蛍光に蓄光や夜光がありますが、どれも同じようなイメージです。実際には言葉自体はどれも似ていますが、蓄光や蛍光に夜光は、すべて塗料でありながらも、それぞれ異なる特徴を持っています。暗い場所であれば蛍光も蓄光も全部光るように感じますが、特徴的に紫外線を当てることで光るのが蛍光塗料です。日中は太陽の光がさんさんと降り注ぎますので、常に太陽の光のおかげで、昼の時間も発光をしているはずですが、そうは見えません。太陽からの紫外線はたくさん浴びるものの、昼間は明るいので光っていることがわからないものの、蛍光塗料の本領発揮は夜の暗闇の時刻です。日が沈みやがて夜を迎えることで、あたり一面暗闇になりますが、ほんのささやかな光の夜間には、蛍光塗料は緩やかに光を放つことができます。夜の暗い場所であっても蛍光塗料が塗布されているところだったら、暗くてもぼんやりとした光で光を放つことが可能です。暗闇の中でエンドレスで光るわけではなく、持続時間はとても短いのも特徴であり、蛍光塗料が発光するのは志賀線の光を受けた時になります。夜間のような真っ暗な中でも、光を放ち続けることを得意とするのは、夜光塗料と呼ばれる種類です。古い時計などには夜光塗料はよく使われており、時計の文字盤には夜光塗料が使われていたことから、夜の時計も不便なく利用ができました。光は根本的にエネルギーですから、エネルギー源を補給しなければ、そのうちに光は消えることになります。しかし夜光塗料を使用することで、光はいつまでも持続をしますが、このからくりは放射性物質を混ぜて仕上げている塗料だからです。時間を長くかけてエネルギーを放つ物質の放射線を塗料に含ませることで、いつまでも光続けますが、今では放射性物質が乳の夜光塗料は廃止されています。放射性物質は微量ではあっても、人体にも悪影響があることが分かったためです。腕時計などは人間が体に、直接触れて長時間使用をするものなので、健康被害なども考慮しての使用禁止となっています。
PAGE TOP ↑