DRERICH

Home > サービス事業> DRERICH

レンタルドレスのドレリッチ | ウェディング・結婚式ドレスをレンタル!


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ウェディングドレス・タキシード&ゲストドレスのレンタルなら東京・横浜・名古屋・大宮全国4店舗のドレリッチ!結婚式・披露宴・二次会ウェディングドレスが14,850円から。ゲストドレス8,580円。レンタルドレスの全国配送ネットレンタルOK

衣装代をできるだけ抑えるためには、レンタルドレスはとても良いアイテムですが、借り物であることを忘れずに、扱いは丁寧にしなければなりません。デイリーユースの洋服は意外と強さがありますし、日常のあらゆる行動に対処できるようになっています。ところがパーティードレスの場合は、耐久性よりもいかに美しく華やかに見せるかが勝負ですから、とても繊細に作られているのも特徴です。ほんの些細な引っ掛かりでも、糸がほつれてしまったり、ドレスに傷がつくこともありますので、注意を払いながら着用をしなければなりません。結婚式などのゲストとして招かれた際に、パーティードレスを着用する機会はありますが、多いのはクラッチバッグにドレスをひっかけてしまうパターンです。女性でも喫煙をする人はいますが、レンタルドレスを着用していて、たばこの灰をドレスに落としてしまい、汚れや傷をドレスにつけることもあります。日ごろから女性はジェルネイルなどをする割合が増えていますが、ネイルにはシンプルなものだけではなく、様々な凹凸のあるデザインもあるので、そのネイルでドレスに傷をつけることもあるので要注意です。流行りのドレスを選ぶことができて重宝をするレンタルドレスですが、着用時の傷がひどいものであったときには、ドレスを補償しなければなりません。レンタルというとつい気軽な印象で着用をしがちですが、借り物であることには変わりはありませんので、ドレス生地に傷をつけてはしまわないように、大切に着用をするようにします。また借りたドレスや備品類はすべて、レンタル期間が終了をしたら返却をしますので、返し忘れがないように注意です。結婚式でのゲストで呼ばれたり、二次会に呼ばれたときなど、ドレスをパーティーで着用をしたら、大体返却は翌日のレンタル会社が多くなります。レンタルの期間が決まっていますので、約束通りの期限を守っての返却になりますが、もしも遅れてしまうと遅延料金がかかることがあります。
PAGE TOP ↑