アメニティコーポレーション

Home > 仕事> アメニティコーポレーション

アメニティコーポレーション


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO内部監査は、国際規格を取得するためには必ず必要になってくる作業だといえます。ただ、会社組織内の人間が行うにしても、それなりに多くの書類等を用意しなければならないですし、マニュアル通りに沿った作業をこなしつつ内部監査を行っても、割と大きな負担になる可能性が高いです。実際に今、1人の責任者が負担を抱えていて、なかなか自分の仕事ができないような状況になってしまったら、素直にISO内部監査をしてくれる専門業者を探すようにしましょう。信頼と実績のある専門業者であれば、ネット上や特定の雑誌などでも取り上げられていることがあるので、見逃さないよう心がけておきたいところです。実際にお願いしたことがある人の体験談を元に、ある程度業者を厳選したら、その業者のホームページを見るのが基本となります。ホームページでは、ISO内部監査にどれくらいのお金が必要になって来るのか、今までどのような内部監査を行ってきたのかなど、さまざまな情報が書かれていたりするでしょう。少なくとも、そのコンサルティング業者の特徴を把握することができるので、目を向ける価値は大いにあるといえます。ISO内部監査を1人で行っている社員がいる場合、その社員と二人三脚で行ってもらうのが妥当です。定期的にミーティングを行って、どのような対策を練るのが妥当なのか、結論を出してもらったほうが良いでしょう。単純にマニュアルの作成だけに従事すると言うなら、そこまでお金がかからない業者がたくさんいます。しかし、ある程度お金を支払って、今後の対策やアドバイスもしてくれるような内部監査業者を選んだ方が、会社のためでもあるはずです。品質管理や環境マネジメントシステムの国際規格など、その現場によって取得すべき国際規格の種類は大きく変わります。現代では、ITソリューションが中心の時代となり、情報の国際規格等が求められる現場もあるでしょう。今、会社の現場が実際にどの内部監査を必要としているのかを見極めつつ、それに基づいたISO内部監査を行ってもらうのが基本です。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
PAGE TOP ↑