海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

Home > エステサロン> 海外での腎移植手術をお手伝い 海外腎移植事情研究協会

このサイトはご利用いただけません


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

腎臓の不調により、腎不全等になってしまった人は、透析治療を余儀なくされます。腎不全まで行かなくとも、かなり機能が低下してしまった人は、やはり透析治療を受けることになるでしょう。今実際に透析治療を受けて、生活に制限がある人は、その生活の制限から解き放たれるためにも、腎移植を受けてみることをお勧めします。基本的に透析治療は、通院しながら治療を受けることになりますが、自宅で治療を受けることもできるので、この程度の負担で済むなら問題ないと考える人もいるはずです。ただ、どちらにしても、旅行をする時などにも制限が出ますし、行動範囲だけではなく、運動や食事にも制限が出てきます。本来の自分を取り戻したいと本当の意味で感じているなら、やはり早い段階で腎移植を受けた方が良いでしょう。昔に比べても、移植手術の技術力は相当高くなってきたので、お金さえ用意できれば、そこまで難しい話ではないです。金額に関しては、海外で受ける場合、基本的に100000ドル程度となっています。北アメリカの海外の医療チームなどが有名なので、調べてみると良いでしょう。特定の海外の医療機関とつながっている、国内の大きな病院などであれば、親身になって相談に乗ってくれます。もし透析治療が必要になってしまった場合は、治療を受ける前に先行的に腎移植を受ける選択肢もあるので、ある程度時間的な余裕、そして金銭的な余裕があるなら、やはり前向きに検討するべきです。実際に海外の手術を受けて、生活を取り戻した人たちの体験談を、まずは確認してみると良いでしょう。その人たちが、どこの病院を通して、海外のチームの手術を受けたのか、確認するだけでも、相当結果が違ってきます。できるだけ信頼と実績のある医療機関を選ぶことが大切です。早い人だと、透析治療から、移植手術を受けて、わずか1ヵ月程度で本来の生活を取り戻しているので、お金を支払ってでもやる価値はあるでしょう。
PAGE TOP ↑