家CoCo

Home > 住居・家屋> 家CoCo

千葉でリフォームなら家CoCo (うちここ)|船橋、成田、八千代のリフォーム・リノベーション


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

千葉県でリフォームをお考えならぜひ家CoCo(うちここ)にお任せください!お客様に寄り添った住まいの増改築、デザインリフォームで理想の部屋づくりのお手伝いを致します。マンションリフォームや中古リノベーションをお考えの方、船橋、千葉、成田、八千代も対応。

関東、関西を問わず建物の建設ラッシュが続いていますが、これはバブルや高度経済成長の時期に建てられた物件が老朽化したり住めなくなったりして古くなり、建て替える必要が出てきたからです。関東でもその波は押し寄せており、千葉でも多数の業者がビルや住宅を建てなおしています。これに関連して、自宅が老朽化したからリフォームをして住みやすくしたいと考える人も増えてきました。昔ながらの家は壁も土で通気性が悪かったり隙間風が入るような建築法で建てられていました。現在のニーズに合わない家に住んでいる人は、より住みやすい家への改築を望むようになったわけです。千葉ではいち早くリフォームのブームが来て、大震災の影響で家が壊れたりした人たちも、耐震設計に気を付けた改築工事を依頼するようになりました。需要が多かったことも手伝い、千葉でのリフォームの仕事はかなり多くなっています。業者が行う工事の大半が耐震補強だったりバリアフリーだったりします。二世帯住宅にするための工事などもあり、さらには完全に元の家の面影を残さず内部のみを最新式の設備に取り換えるような工事の仕方もあります。改築工事を手掛ける業者は、お客のニーズをまず理解して要望を聞き、見積もりを出して工事に着手します。エレベーターをつけたいとか、段差をなくしたいなどの要望をあらかじめ聞いてから工事が行われるので、お客側もニーズを満たしてもらえて満足できます。壁をなくしたり天井に窓をつけたりと、元の家の外枠だけ使って内部を作り変える形の工事は、かなりお金がかかりそうに思えますが実はそんなにお金はかかりません。土地と建物は残っていて、その内部だけ設備などを取り換え、現代風の暮らしができるように改築するだけですから、一戸建てを建てたり中古の一戸建て物件を買うよりもはるかに安く工事ができます。千葉のリフォームの一端を見ることができるサイトは数多く存在し、改築工事をするのは昔よりはるかに簡単になりました。

注目キーワード

長谷工リフォーム
リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
PAGE TOP ↑