eiwa

Home > 住居・家屋> eiwa

ホーム | 株式会社永和工業ウェブサイト


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京の大規模修繕が得意な業者に注目しておくと、いざ本当に廊下や壁などといった大掛かりな工事をお願いするときに楽になります。どこの業者であれば、早い段階で結果を出してくれるのか、スピーディーでなおかつリーズナブルなのか、その辺に注目した方が良いでしょう。技術力の高い大規模修繕が可能な業者は、はっきりとした答えを導き出してくれます。最初の見積もりの段階でどれぐらいの工事期間になるのか、そしてどのくらいのお金が必要になるのか教えてくれるはずです。なので、東京の業者に声をかける時は、こちらがどれぐらいの予算を出すことができるのかと言うところを、明確にしてから声をかけた方が良いでしょう。どちらにしても、1つの業者に固執しすぎず、様々な業者に来てもらいながら比較することが重要となります。そうしているうちに、どこの業者にお願いするのが最もコストパフォーマンスが良いのか、それが見えてくるようになるはずです。結論が出るまで焦る必要はどこにもないのでゆっくりといろいろな業者を見比べるようにしておきましょう。大規模修繕を最後まで実践すると、見違えたようにきれいになります。雨漏りを改善することもできますし、壁を塗り変えることができるはずです。老朽化した床などもしっかりと整えることができるので、大きな学校や病院などといった施設にも行っている作業といえます。もちろん、大掛かりな修繕作業になるため、高額な金額になりがちだと言えるでしょう。だからこそ、東京の業者と時間をかけてじっくりと相談しあい、こちらの予算で済ませるにはどうすれば良いのか、教えてもらいながら話をゆっくり進めることが大切だといえます。ネット上の口コミ情報が確認できるサイトや、リフォーム関係の雑誌で取り上げられている有名な業者なら、割と信頼できる場合も多いです。特に経験者の話が貴重な参考材料になるので、素人判断になってしまうくらいなら、そういった人の経験談には耳を傾けておいた方が良いでしょう。

注目キーワード

悪質リフォーム
住宅リフォームで悪質なもの。不必要な工事や法外な料金請求など。 2005年は、認知症の老人につけこんだ「次々販売」が問題になったりした。
リフォーム
reform は英語だと、改正などの意味で使用される。 日本では、『作り変える』意味で使われることが多い。 +服の仕立て直し。 +建物などの改築、増築、改装。リモデルも参照。
【関連情報:大規模修繕 東京
PAGE TOP ↑