INTER TECH

Home > 住居・家屋> INTER TECH

オーダーキッチン【INTERTECH】 | デザインと機能性を追求


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

株式会社インターテックはお客様一人ひとりに合った、オーダーキッチンを設計製作しております。デザインと機能性を追求した高品質のキッチンを是非、東京・名古屋・大阪・埼玉のショールームでご覧下さい。洗面台の設計製作、オーダー家具のご依頼もどうぞ。

台所で料理を作るときには動線の設定が重要になります。料理では、冷蔵庫から材料を取り出したり、コンロとシンクを行ったり来たりと、細かい動きが多くなるので、動線がうまく確保されているかどうかで、作業の全体的な効率が左右されるからです。住宅を建築するときから、台所をオリジナルで作成を依頼できればよいのですが、分譲住宅などの既成の住宅の場合には、既に出来ている台所にあわせる必要があります。シンクやコンロ台などのキッチンアイテムに関しては、大きさはデザインなど、各種のものが販売されていますが、台所全体を統一的にするためには、オーダーキッチンを依頼するのが一番です。注文住宅のときでも、先に台所の広さや間取りなどを作成してもらうときには、それに合わせる形でオーダーキッチンを依頼するのがよいでしょう。オーダーキッチンの依頼の仕方にはいろいろありますが、よほど特殊な台所の形状をしていない限りは、キッチンアイテムに関して、いくつかの選択肢が提案されることになります。ここで重要なのは、キッチンアイテムの中で何を重視するかです。特に指定が無ければ、一般的に使いやすいモデルに落ち着くことになりますが、例えば趣味で料理に力を入れたいなどという場合には、作業スペースを充実させることが考えられます。そして、この作業スペースを中心として、コンロ台やシンクなどのキッチンアイテムを使いやすいように設定することになります。一方で、各キッチンアイテムに関して、あまり細かい注文をすると、全体的な統一が取れなくなってしまうこともあります。このような場合には、各キッチンアイテムに関して、具体的な指定をするのではなく、希望するイメージを伝えることで、統一の維持については業者側に任せるというのが得策です。一応のレイアウトが出来上がったら、実際にそこを使う際のことをイメージしてみることが大切です。料理のときに実際にどのように動くかは、人によって異なり、それによって最適な動線設定も違ってくるからです。

注目キーワード

よってがっしょリフォーム
*[]よっ[]てがっ[]しょ[]リフ[]ォー[]ムで[]は[] *どんなリ[]フォ[]ーム[]もご相[]談に応じます。 見積、設計、現場施工まで一貫してスピーディに対応させていただきます。 リフ[]ォ[]ームには大きく分けて増築、...
野村不動産リフォーム
野村不動産ホールディングスはリフォーム事業の強化、拡大を目的に新会社、野村不動産リフォームを設立し、4月1日から営業を始める。マンション管理を手掛けるグループ会社の野村リビングサポートが現在リフォーム......
【関連情報:オーダーキッチン
PAGE TOP ↑