アクイル

Home > 仕事> アクイル

ISO9001内部監査員研修のことなら株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格! 1名15,500円!取得コンサルティングも実施中

会社の品質管理向上、それから信頼性の向上などを図るためにも、ISO9001内部監査を行い、実際に国際規格を取得することには大きな意味があります。ISO国際規格を取得すれば、大いにブランディングにもつながるので、会社全体の信頼性を高めることにもなるでしょう。利害関係を生む可能性の高い消費者、それからクライアントからの信頼性も高まるので、より一層売り上げの貢献にもつながり、会社員のモチベーションを取り戻すきっかけにもなります。良いことばかりですが、ISO国際規格を取得するには、マニュアルに従ってしっかりとチェックし、会社の問題点をきちんと浮き彫りにする必要があるので注意です。それができるのは、やはり会社の現場のことを理解している、現場責任者だと言えるでしょう。ただ、会社の人間に全て任せてしまうと、負担が大きすぎます。そこで、実際にISO9001内部監査を行う場合は、専門のコンサルタント業者にお願いするのが利口です。今まで何度もISO9001内部監査を実践してきた、実績のある業者であれば、安心して任せることができるでしょう。特定のコンサルタント業者をピックアップしたらホームページを見て、今までどのような実例があるのかを確認し、その上でお願いをするのが基本となります。ホームページ上では実例だけではなく、具体的な内部監査依頼料金等が記載されていることが多いので、先にチェックしておくべきです。1つの項目だけに固執せず、すべての項目を確認し、トータルで判断するようにしておきましょう。ISO9001内部監査を、内部の人間と二人三脚でしっかりと行い、これからどうすれば良いのか、改善点もきちんと考えてくれる業者がベストです。 ISO国際規格を取得することだけに従事せず、そのために必要なマニュアルを作りながらも、いろいろな面でサポートしてくれる業者を選ぶことが大切だといえます。また、国際規格取得ができなかった場合は全く料金が発生しないような、合格保証のある業者を選ぶと良いでしょう。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
【関連情報:ISO9001内部監査
PAGE TOP ↑