アクイル

Home > 仕事> アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

国際規格となる環境マネジメントシステムは、早い段階で内部監査を行い、しっかりと規格を通した方が無難だといえます。審査に関しては、しかるべきチェックポイントを通して、間違いのないマニュアル通りに行えば、問題なく通すことが可能です。ただ、そのためのマニュアルを作るには、それ相応の時間がかかるでしょう。ISO14001内部監査に向けて、どのような書類を作成すれば良いのかがわかっている社員がいるなら、その人材に任せてしまえば安心できます。特に、工場などの現場管理が必要なところであれば、その現場の責任者に任せるのが妥当です。現場の問題点などを全て理解しているからこそ、間違いのないマニュアルを作り出すことができるでしょう。ただ、現場にも出なければいけないような社員がISO14001内部監査を行うとなると、それ相応の手間がかかります。負担も大きくなってしまいますし、最終的には残業しなければならなくなることも多いです。あまりにも1人の負担が大き過ぎるようであれば、全て丸投げするのではなく、お金をある程度かけてでも、専門のコンサルティング業者にお願いするようにしましょう。実際のところ、ISO規格を通してくれるコンサルティング業者は、たくさん存在しています。ISO14001内部監査が得意だと言うことで有名なコンサルティング業者なら、様々なところで見かけられるはずです。特にインターネット上の口コミ情報が確認できるサイトや、人気ランキングサイトなどを利用してみるのが、常套手段だと言えるでしょう。パソコンやスマートフォンを使えば、あっという間に情報収集ができます。もしくは、自分の身の回りの同業者などに声をかけて、どこのコンサルティング業者にISO14001内部監査を依頼すれば良いのか、教えてもらうのも悪くない判断です。どちらにしろ素人判断せず、実際に内部監査で有名な業者にお願いをすれば、問題なく実践できるでしょう。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
PAGE TOP ↑